ジョジョリオン #022 ジョニィ・ジョースターの伝説

ウルトラジャンプ2013年7月号


ウルジャン7月号が発売されましたね!
予定たっぷりで感想書くのが遅くなってしまいました…


今月号は以前から発表はあった「ジョジョ展」の第3弾「フィレンツェ展」の開催記事が載ってました。
会期は6月28日~7月14日なので、もう目前です。
が、具体的にどーゆー展覧会になるのかは書かれてないし、記事自体もモノクロページという。
あんま今回は紹介に力を入れてませんね。
ブチャラティと徐倫のフィレンツェ展のイラストを使ったマウスパッドが付録に付いたくらいです。

俺はパスポートもないんで、今回はパスする予定です。
だからこそ詳しくどんな会場なのか雰囲気なのかも知りたいところだったんですが…
こーゆー超遠方こそ、「リモートロマンス」を発動してもらいたいものですね!


その他、総集編やジョジョASBの記事もありましたが、さほど真新しい情報じゃあないのでここでは割愛させていただきます。
特別感があったのは、これですかね。
フランス文学者・中条省平教授が書いたジョジョと映画の魅力を語った記事。
3ページに渡って、荒木先生が映画好きであることを面白い視点で書き綴られています。
先日、荒木先生が『荒木飛呂彦の超偏愛!映画の掟』を刊行した記念とのことです。
こんな特集も組めるってことは、結構売れ行き好調だったのかな?
荒木先生の映画ばなしの続刊もあるかもしれませんね!


さ~て、こっからがジョジョリオン本編の感想です。
衝撃の展開なので、前回のジョジョリオンを読んでない方はおとなしくコミックスを待つことを推奨します。
見なくてもいいものを見たものは!!
この世に存在してはならねーんだぜッ!









扉ページでは定助の簡単な図解が載ってます。
帽子にはハエなんかも付いちゃってますけど、これはナイル・ウェウェ・バエだという衝撃の展開だったりして。
吉良吉影ともう一人はエジプト人?


物語は回想シーンから始まり、ジョニィが封印された「聖なる遺体」をシェルターから外に出します。
簡単に開けられないと思ってたんですけど、そこは言及されてませんね。
実は語られてないだけで、そこにもものすごい苦労があったのかも。

なんとか「聖なる遺体」を妻のいる杜王町へ持ち帰ると、一時的に「遺体」「瞑想の松」の根元の穴に隠します。
「瞑想の松」というと、以前に虹村京がレモンとみかんを使った合成の秘密を定助に披露した場所ですね。
近くには定助が発見された壁の目もあった場所です。
ジョニィが「聖なる遺体」をしばらく置いた影響で、土地に合成のパワーが加わったのかもしれませんね。

「聖なる遺体」の力は治すことではなく「とりのぞく」現象を起こすことだと解説が入ります。
SBRでもこの能力で大統領はダメージを離れた場所の誰かに負わせてましたね。
「スケアリー・モンスターズ」の恐竜化の進行が「聖人の左腕」「聖人の眼球」を持っていると治ったのも、案外こーゆー理屈で治っていたのかもしれませんね。

「聖人の遺体」の力で理那の病気はなくなります。
しかし…
その病気を掴まされたのは…
ジョニィと理那の息子、ジョージ・ジョースターッ!

体の小さいジョージには、この病気は大きすぎたのか、ジョニィはすぐに行動します。
走る馬の上でジョニィを「聖なる遺体」の入ったケースの上に置き、タスクACT4の爪弾でジョージと自らを撃ちます。
それにより、病気はジョニィの元へ!
おそらく、「聖なる遺体」から生じる病気を飛ばす隙間にACT4が干渉して、正確に病気の行き先をコントロールしたのでしょう。

病気をおっ被ったジョニィは銀杏の葉の上に落馬し、おそらくその時点で絶命したのでしょう。
最後まで涙を流してたなァ…
ジョニィには涙が似合いますね。

新聞記事でも書かれてた岩がジョニィの顔の上に落ちる描写がされます。
いきなり岩がやってきたように描かれてますが、これもたぶん「聖なる遺体」のものを引き寄せる力の影響かと。
少し無理のある書き方をしたのは、おそらく岩でジョニィの顔を覆わないと新聞での事実にジョニィが病気をおっ被ったことが載ってしまうからかな。
顔が潰れた状態なら、記者もジョニィが奇病にかかったと分からないし。
ただ、ジョニィの伝説としてはその事実は伝わっていたようです。

「聖なる遺体」は再びアメリカへ戻されますが、ジョニィの行動の影響でカツアゲロードの『銀杏の葉っぱ』にはスタンド能力が宿ったようです。
つまり、杜王町の瞑想の松とカツアゲロードに「聖なる遺体」は影響を及ぼしていったワケですね。
てっきり「聖なる遺体」は杜王町に存在して、他にも影響を受けた土地があると思っていたんですが。


物語はジョニィの回想から定助の視点に戻ります。
カツアゲロードのペットショップのじいさんがここまでジョニィの伝説を語ってくれてましたが、語り終わってから有料3千円って。
最後まで嫌なじいさんだったなァ…

この伝説を聞いて、定助は考えます。

定助
(理那は『東方家』………
吉良・ホリー・ジョースター』は
子孫
記憶をなくしたり……
思い出したり………
伝説…
ただのファンタジー』だと?
オレは今!
なぜ東方家に保護されているんだ?
)

伝説に登場したジョニィ・ジョースターや東方理那の存在を家系図から知っていた定助には、じいさんの言うようにただの伝説やファンタジーとは思わなかったようです。
新聞記事の内容じゃあなくこの伝説話の方が真実なのでしょうね。


場面変わって、今度は康穂視点です。
自分のヒジを舐めるという遊びに興じて達成感を得てます。
重かった今回のほのぼのパートですね!
俺も康穂を真似して舐めようとしました。


ベロベロなめてやるね!
オレのヒジをこのすばやい舌でなぁ
ヘッヘッヘェ~ッ!


が、届かなかったです…
長い舌と短い腕が必要になるのかな?

康穂がいる場所は例の「瞑想の松」のところです。
ずいぶんと相合い傘とかで落書きだらけになってしまってます…
観光地とかにありがちですがね。
ちょっと気になった名前は岸辺とかアーノルドとかショータローですね。

「瞑想の松」は明治の頃は『二本松』と呼ばれていたそうです。
んで、もう一本は東方家の敷地内にあるとか。
そっちの松には根元に穴があるってことは、ジョニィが「聖なる遺体」を隠したのは東方家敷地内の「瞑想の松」ってことでしょう。

なぜ康穂が「二本松」の元へ来たのかというと、調べていたジョニィの新聞記事と一緒に掲載されていた別の奇妙な記事のためでした。
1~2歳の男の子がこの二本松の海岸に漂流して発見されたとのことです。
帽子と靴下と高価な宝石の首飾り以外には身にまとっておらず、会話もできないため詳細不明だとか。
身元不明でほぼ裸ってので、定助の発見時と似た境遇だなって思ったんですが、時期的にまだ壁の目の土地が力を得る前だと思われるので、少し事情は違うかな。
ただ、彼もジョジョリオンのキーパーソンなのでしょう。
もしかしたら吉良の家系に加わってて、定助につながるとか。


康穂は東方家側の「瞑想の松」の根元の穴に気付き、近付くと…

ガシイッ

穴の中の何者かに腕を捕まれ、引きずり込まれますッ!!
そして背後から胸を捕まれ、耳を舐め回します…
…と、ここで今回は終了!
ラストのアオリに、

アオリ
軟骨を楽しむ影…何者!?

とあって、思わず、

軟骨屍生人
GOOORRUUUU!!
この野郎を喰うのはおれだぜ――ッ
軟骨がうめーんだよ
軟骨がァ~~~~ッ!!


このセリフを思い出してしまいました。
決してそんな呑気(?)な状況じゃあ無いのに。

予想だと、この謎の人物は今まで姿を表していなかった東方常敏なんじゃあないかと。
ここは東方家の敷地内ですしね。

もしくは新キャラかな。
真っ暗な中での描写なので不確かですが、やや小柄にも見えます。
小さい子なら康穂にこんな羨ま…
イタズラをしてもセーフですね。


ジョニィの謎は明かされましたが、謎の人物登場にやはり目が離せない展開に!
次号も期待ッ!!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿ォッ!

非公開コメントッ

何をするだァーッゆるさんッ!

今回は後半というか最後に康穂が、おっぱい揉まれて耳ペロペロされていて、思わず「何をするだァーッゆるさんッ!」と思いました。このせいでいつもより来月号で、このけしからん奴の正体を知りたく思いました。

Re: 何をするだァーッゆるさんッ!

ケンタさん、来月号を買っても、奴の正体や康穂への行為は定助には秘密にしておきましょう…
やだよ オレ
定助が悲しむ姿を みたくねーモン!
ウヒャヒャヒャヒャ!
Twitterッ!!
★━JOJO━……‥‥
ニコニコ動画ッ
「pixiv」ゥゥ
キミノイケンヲキコウッ!
キミノイケンヲキコウッ!
無料アクセス解析
ザ・ニュー記事!!!
最新コメントォッ!
月別アーカイブゥ!
カテゴリィィ――!!
これが! 管理人だッ!!

ダチコー

Author:ダチコー
ようこそ来訪者!
ポルナレフランドがTOPページですよ。

ブログHIT数ゥ――ッ
検索フォームゥ!!
RSSリンクの表示ィィ!
QRコォード!!
QRコード