「マンガ・ミーツ・ルーヴル」オフ その③

前回は話は弾んだけど、話が進まなかったってお話でしたね。
今回はしっかりレポって感じですからご安心を。

H・Pさんの案内で辿り着いたのは「びすとろ希味(のぞみ)」というお店でした。
こちらは予約必須な隠れ家的なお店とのことで、単に埼玉人2名が観光でフラリと足を運ばせただけならまず立ち寄ることはないでしょう。
んで、扉を開けて、いかにも和風って作りの店内を見渡します。


雰囲気イーイーじゃんかよぉ~~
おれ京都野郎のセンスとかデザインて すげー好きなんだよなあ~~


二階に案内されて、まずは飲み物を注文しました。
俺は基本的に、食事しながら飲む物はお茶系を好むタチなんで、お茶では何があるかを店員さんの持つメニューを見てみると、「アバ茶」という名前が…
お茶でも飲んで…
話でも
するのに適した飲み物だなって思ったんですけど、良く見ると「ソバ茶」でした。
そういや、だいちさんと初めて会ったオフ会でも、「ウバ茶」ってのを頼んだなぁ…
で、店員さんにそれぞれ飲み物を注文しました。
ちなみに、注文を受けたり持ってきたりする店員さんは和服を来た女の人で、いかにも京都って感じでした。


こいつはハッピーだぜ
本場もんの京料理が食えんのかよォ~~~
なに食うかな?
さっそく「献立表(メニュー)」見せてくれよ


店員さん
メニュー?
献立表(おしながき)」?のことどすか?
そんなもの
ウチにはないよ…



!

だいちさん
………………


どーいうこったい?
メニューがねーつーのは…


店員さん
料理の献立はご予約時点で決定するからです

どうやらH・Pさんが予約した際に「このコース」ってのを決めていただいたようでした。
そんでもって各々の飲み物が運ばれ(俺は結局ソバ茶)、お茶でも飲んで…
話でもし
てる間に1皿目が運ばれてきました。

びすとろ希味1皿目

6種の料理をちょっとずつ乗せた1皿です。
この6種の中で特に美味かったのは、リンゴとチーズのやつかな。


まああ~いっ
こっこれはああ~~~っ
この味わあぁ~~っ


他の客
え!?


熟成されたチーズにリンゴのジューシー部分がからみつくうまさだ!!
チーズがリンゴを!
リンゴがチーズをひき立てるッ!
「ハーモニー」っつーんですかあ~~~~~
「味の調和」っつーんですかあ~っ
たとえるならリンゴとハチミツのデュエット!
カマンベールチーズに対する赤ワイン!
雁屋哲の原作に対する花咲アキラの「美味しんぼ」!
………つう――っ
感じっスよお~~っ


一緒に添えられた胡桃もまた合う合う!
ちなみに、料理の撮影は店員さんにちゃんと許可を取ってあったりします。


「写真撮っても良いですか?」

店員さん
「え?
わたしの写真をですか?」

みたいなリアクションをされました。
もちろん料理の方を言ったのに。


(ほんとはフトモモだけアップでとりたいな)

だいちさん
シャッターボタンのように君のハートも押して押しまくりたいな~
ってか!


そんな店員さんのいる良いお店です。

2皿目は鮭と大根のカルパッチョでした。
が、いつの間にか消えていました…

だいちさん
ン?
あれ
?


キョロ キョロ


く…
食ったなッ!
ダイチッ!
鮭・大根ともに食いやがったなッ!
かっ 返せッ!
返せよ
チクショオ―――ッ


だいちさん
ン!


弁償しろ
おまえなんか仲間じゃねえ!
チクショオオオオッ!


H・Pさん
おめー
口のまわり
何つけてんだよ



え?
・・・・
……

……


気がついた時には完食していました。
そんなわけで、写真は撮れなかったんですよね。


あっ!!

H・Pさん
なにが「あ」だ!
フザケやがって
この野郎
だがしかしいつの間にほおばりやがったんだ!?
てめーっ



?
?
う…
美味めえ~~~


きっと、近くでキング・クリムゾンが戦闘を行っていたのでしょう。

3皿目は鍋の具材です。

びすとろ希味3皿目

鴨鍋ですね。
あらかじめ、出汁の入った鉄鍋が机には置かれていたんですよ。
んで、店員さんが例の青い着火剤に火を付けて、熱くなるまでしばらく待ちです。

続いて4皿目はスープでした。

びすとろ希味4皿目

この日の京都は曇り空で結構な冷え込みだったんで、ここで温かいスープはありがたかったです。
味はもちろん、温かさが印象的でした。


「寒い日」「スープ」ッ!
この世にこれほど相性のいいものがあるだろうかッ!?


5皿目はタコ団子でした。

びすとろ希味5皿目

イメージとしては、コロッケの中にタコの足も入っている感じでしょうか。
揚げたての暖かさやホクホク感、タコの食感が印象的です。


KWAHHH!
コリコリ弾力あるタコ足に 噛みついているぞォ
タコ!


タコ
うううッ!


このあたたかい弾力!
ここちいい感触よッ!


レモン汁をかけて美味しくいただきました!

これらをいただいている途中で鴨鍋の出汁が良い感じにグツグツいってきたんで、具材を投入していました。
んで、タコ団子をいただいた後に鉄鍋の蓋を開いたところ、

びすとろ希味3皿目(煮込み)

辺りに良い感じの匂いが漂いました。
早速、鴨肉に食いついたんですけど、ちょっと煮込み時間が長すぎたようで、若干堅かった…
先に野菜や豆腐やおふだけ、後から鴨肉ってやるのが正解だったかも。


な…
鍋奉行さえいれば…
ううううう
プッ
鴨肉
プリプリしてたのにィィィィィ~~~~ッ

ううう
鍋奉行さえいれば…
なんの心配も……
うう 次の皿が来るまで…
なんのなんのなんのなんのなんのなんのなんの心配もなかったのにィ~~っ
残ってたのは 煮えた野菜だけじゃあ腹いっぱいになんねえしよォ~~ッ


ま、美味かったんですけどね。
俺が素材の味を活かせる調理方法をとれなかったのが心残りです。

6皿目はブリ大根でした。

びすとろ希味6皿目

ブリが煮崩れしないように、かつら剥きした大根でブリを巻いたようです。
シンプルなブリ大根だって美味い料理だっていうのに、こんな工夫もなされてマズイわけがありません。


よくもやってくれたよなぁぁぁぁぁぁ
うぶな事を
…じゃなくて…
やぼな事……
…は違う…
うぐぐ………
鯔な事でもなくて
鰤な事


H・Pさん
味な事か?


知ってんだよオオォォッ!!
国語の教師か
うう…うう…
うおお
おっ
おっ
オメーはよォォォォ


調理テクさえあればご家庭でもできるかも。
ただし、味付けの美味さの再現は難しいかな。

7皿目は寿司でした。

びすとろ希味7皿目

海無し県でお馴染みの埼玉からやってきた俺とだいちさんにとっては、寿司と言えばカッパかたまごで、それ以外は都市伝説だと思っていました。
早速ガッツこうと思ったら、醤油がまだ来ていませんでした。
んで、店員さんに醤油を頼んで待つことしばしば。
1分経過ッ!
2分経過ッ!
3分経過!……
4分……

まだ来ません。
びすとろ希味(のぞみ)の昼食の時はいつまで経っても同じように流れ……
そのうち「マンガ・ミーツ・ルーヴル御一行」
待つ事と
考える事をやめた

…で、別件で他の席に来たさっきの店員さんが、

店員さん
あ!
醤油…


と呟いて、すぐに醤油を持ってきてくれました。
これが世に言う「ドジっ娘」ってヤツでしょうか?
さっきの写真の時のリアクションといい、料理だけでなく店員さんのレベルも高いお店でした。
あ、もちろんこの寿司も美味かったですよ。

最後の8皿目はアイスクリームとブリュレでした。

びすとろ希味8皿目

この左のアイス、お茶のアイスなんですよ。
確か、ほうじ茶だっけな?
お茶の渋さやサッパリ感が、締めくくりにちょうど良かったです。
あと、ブリュレを食う際には、

俺ら
デザートは
ブリュレ~~?
ケッ!
おれらはジョジョラーだよ…!
『ブリュレ』なんて女子供の食う物なんてチャンチャラおかしくて…
ンまぁ~い
また来るよ!
埼玉からでもかようもんね――っ


って感じのリアクションをマジにしてました。
ホント御馳走様でした!

で、ここまで食べたら後はお会計です。
レジにH・Pさんが向かい、まずは会計を終えてから俺とだいちさんに価格の発表です。
かなりのボリュームと高級感があったので、いくらなのか恐いものもありましたが…

だいちさん
うええ
ゲプッ
こんな豪華な料理
くそっ チクショオ
うめーぜッ!
もう食えねぇ



お勘定いくら?

H・Pさん
7千500円です

安ッ!!
一人頭2500円でこの量&お味…
どうやらH・Pさんが予約時に注文したコースは2000円+税のもので、それプラス飲み物400円という内訳らしいです。
スタンドも月までブッ飛ぶこの衝撃価格…
いっそ、ぶぶ漬けを出されるまで居座ろうかとも思いましたけど、これから行く「マンガ・ミーツ・ルーヴル」が今日のメインなんでそれはやめました。
そして一同は「びすとろ希味(のぞみ)」を後にして、会場の京都国際マンガミュージアムに向かいました。

あと、いるかどうかは分かりませんけど、「びすとろ希味(のぞみ)で検索してここに来た方に一言。
こんなふざけた紹介文で、スイませェん……
参考にならんでしょうに。
TO BE CONTINUED
(つづく)



もくじ

「マンガ・ミーツ・ルーヴル」オフ その① そうだ 京都、行こう。
「マンガ・ミーツ・ルーヴル」オフ その② トーキング・フレンド
「マンガ・ミーツ・ルーヴル」オフ その③ メシグルイ

この作品は事実と取材をもとに、
ストーリーの展開上、
フィクションを交えて構成したものです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿ォッ!

非公開コメントッ

タコのパロディが秀逸ですね(笑)


もうちょい高いコースもあるんですが……
食べきれない か も
ってぐらい多いです(笑)

Re: タイトルなし

H・Pさん、グラッツェ~
褒めていただいてこの上ない幸せでス
ニコニコ
タコのパロは料理無関係なセリフから上手く変えれて満足です。
本来は頸動脈か乳首を触る時に使うセリフですもんね。

あのコースで満足なボリュームだったんで、たぶんBESTな選択でしたよ。

タコはマジで笑いました(笑)うううッ!て

料理が美味かったのは覚えてるんですが、何をどんな順番で食ったかを全然覚えてなかったんで思い出しながら読めました(笑)
また行きてぇ~!

Re: タイトルなし

だいちさん、タコのパロの受けが良くて満足です!
ワタシはお客様にパロディを楽シンデいただいて
そして笑顔にナッテイタダくことが最高の喜びで最大の幸せデス

正直、俺も料理の順番は写真撮らなかったら当てる自信ないです。
昨日の夕飯もうろ覚え人間なんで…

俺もまた行きてぇ~!
Twitterッ!!
★━JOJO━……‥‥
ニコニコ動画ッ
「pixiv」ゥゥ
キミノイケンヲキコウッ!
キミノイケンヲキコウッ!
無料アクセス解析
ザ・ニュー記事!!!
最新コメントォッ!
月別アーカイブゥ!
カテゴリィィ――!!
これが! 管理人だッ!!

ダチコー

Author:ダチコー
ようこそ来訪者!
ポルナレフランドがTOPページですよ。

ブログHIT数ゥ――ッ
検索フォームゥ!!
RSSリンクの表示ィィ!
QRコォード!!
QRコード